一戸建て賃貸が持つ本当の魅力~自由気ままなメンズの一人暮らし~

一戸建て住宅の魅力を購入前に知っておこう
一戸建ての豊富なメリット

都内の一戸建て住宅に住むことは多くの人の憧れです。そして一般的なイメージとして、一戸建て住宅は「購入する」もしくは「高い賃料を支払う」というイメージを膨らませる人も多いはず。ですが実際は一戸建て住宅であっても、マンションやその他の物件と賃料はさほど変わらないケースはよくあります。戸建て住宅を賃貸した際のメリットを把握し、一人暮らしを行なう住宅選びの参考にしてみましょう。

賃貸の一戸建てについて更に詳しくなろう

マイホーム感覚!?一戸建て賃貸に注目

賃貸契約をする際に、まず決めなくてはいけないのが住宅のスタイルです。アパートやマンション、一戸建て等の中から、自分が希望する条件を満たしている物件を選ぶことが大切です。単身生活を過ごす場として戸建て住宅を選択した場合、そこには贅沢な男の一人暮らしが待っていることでしょう。こちらでは、若い人を中心に人気度が高まっている戸建て住宅のメリットやデメリットをご紹介していきます。

4つのメリット

メリットその①~騒音を気にしなくても良い~
本

マンションやアパートなどでは、壁一枚隔てた隣で他人が生活をしています。そうなると足音や話し声、テレビの音など、生活するうえで発生する「音」に対して十分に配慮しなくてはなりません。ですが一戸建てであれば、よほど大きな騒音でない限り物音に対してそこまで敏感になる必要はありません。そのため、周囲に気兼ねすることなく、友人や知人を招いてホームパーティーを楽しむこともできるのです。そして逆を言えば、隣人の騒音を気にすることなく、静かでストレスフリーな生活を望んでいる人にとっても大変魅力的だといえるでしょう。

メリットその②~駐車場代が賃料に含まれる可能性がある~
運転

高級マンションや賃料の高いマンションであれば、光の入り具合や風通しがしっかりと計算されていることでしょう。ですが一般的な賃貸マンションの場合、それが当てはまる物件というのは思いの外見つからないものなのです。その点一戸建て住宅は窓が多数設置されていることがよくあるため、太陽光や自然の風を十分に部屋中に取り込める可能性が高くなります。賃貸契約を結ぶ前に理想の条件を満たしているか判断するためには、部屋を見学し自分の目で確認するというのが最も簡単で確実な方法になります。

メリットその③~日当たりや風通しが良い~
住宅

高級マンションや、賃貸料の高いマンションであれば、光の入り具合や風通しがしっかりと計算されていることでしょう。ですが一般的な賃貸マンションの場合、それが当てはまる物件というのは思いの外見つからないことも珍しくありません。その点一戸建て住宅はマンションよりも、窓の数が複数設置されている物件が多いため、十分な太陽光や自然の風を部屋の中に取り込める可能性が高くなります。契約を結ぶ前に理想の条件を満たしているかどうかを判断するために、実際に部屋の見学をして確認しておくと良いでしょう。

メリットその④~購入より手軽に住みやすい~
引っ越し

一戸建ての賃貸は、購入するよりも初期費用がかかりません。そしてマンションと違って、隣人との共用スペースが存在しないため管理費が発生しないという費用的メリットがあります。さらに賃貸であれば、住宅購入時に加入する住宅ローンの審査や小難しい契約書類の準備も必要ないため、入居作業をスムーズに進めたい人にオススメです。若い男性の一人暮らしであれば、「手軽さ」や「気軽さ」を踏まえたうえで、今後の生活環境の変化に柔軟に対処できる賃貸物件を選択しておくと良いかもしれません。

3つのデメリット

デメリットその①~ご近所さんと正しくお付き合い~
握手

マンションやアパートと比べると一戸建て住宅は、近隣住民とのコミュニケーションが必要になる可能性が高くなります。ご近所付き合いが苦手だという人からしてみると、プライベートな時間を割いて他人と付き合うことに対して煩わしさを感じるかもしれません。ですが、ご近所づきあいをしておくことで「近所トラブルの回避」、「突然のトラブルが起こったときの協力」、「防犯など周辺地域の情報共有」などが得られます。そのため一概にデメリットだと言うことはできません。他人とのつながりが希薄になっている都会だからこそ、コミュニケーションの重要性を見直してみるチャンスにしましょう。

デメリットその②~セキュリティシステムの惰弱性~
ドア

マンションであればオートロック機能や、防犯カメラ、専用の警備サポートがついているでしょう。ですが一戸建て住宅はそういったシステムがついていないことが多く、自分自身で防犯対策を行なうことが必要になります。

表
デメリットその③~清掃管理は住人の仕事~
掃除

一戸建て住宅のメリットとして、管理費が不要と説明しました。それはすなわち、外壁の汚れ、庭やガレージの清掃・管理を住人自らが行なうということです。住宅の清掃管理は確かに面倒に感じるかもしれませんが、最近ではホームセンターなどでも1万円以内で家庭用高圧洗浄機やコンパクトサイズの芝刈り機などを購入することができます。雑草の処理に関しては、ガーデニングをしないのであれば、庭全体に除草剤を撒く方法や、砂利や軽石を撒くという方法があります。住宅の手入をしているうちに、次第に愛着が湧いて自分の家がもっと大好きになることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?一戸建ての賃貸にはメリット、デメリットがそれぞれあります。ご紹介したデメリットも少し見方や考え方を変えれば、一概に悪いものだとは言えません。良いところ悪いところ全部ひっくるめて、戸建て住宅の魅力を今一度考えてみてください。

一戸建てなら郊外!郊外エリアの3つの魅力

中野ブロードウェイや中野サンプラザなど、再開発で賑わう中野駅周辺の地域ですが、そこから電車でおよそ30分の位置にある鷺ノ宮、南台、弥生町などの中野区郊外エリアにいくことができます。繁華街のような騒々しさがなく、静かな雰囲気が漂うこれらの街には、多くの一戸建てが建ち並んでいます。

ショッピングスポット
商店街

中野駅近辺にある中野サンモール以外にも、中野区には多くの商店街が存在しています。鷺ノ宮エリアの「鷺ノ宮商明会」や、弥生町エリアの「川島商店街」、「中野新橋商店街」などです。食品や生活用品を取りそろえることができます。また「ライフ南台店」などは、深夜12時まで営業しているため大変便利です。

住環境
インテリア

駅から少し離れた地域の魅力は、何といっても静かな住環境です。そして中心街と違って高いビルや建造物が少ないため、日光を十分に家の中に取り入れやすくなります。また人や車の通りが少ないため、騒音問題に悩まされることもありません。忙しなく人と物が行き交う都心で働くことで、疲れた心と体をゆっくり休ませる環境としては申し分ありません。

庭やリビングが広い
庭

駅近の物件は比較的土地価格が高くなるため、戸建てやマンションに関わらず敷地面積が狭くなりがちです。一方で郊外の戸建て住宅の特徴としては、敷地面積が広くゆったりとしているという点が挙げられます。郊外であれば庭付き物件があることも珍しくありません。将来的に子供ができた場合は、庭で一緒に遊ぶこともできます。窮屈感のないリラックスできる空間で生活できるのも郊外ならでは。

フリーレント物件でお得に一人暮らしを始めよう

電卓

一定期間の間家賃がフリー(無料)になる物件をフリーレント物件と言い、家賃が一定の期間無料になるシステムのことを言います。無料で賃貸契約を結ぶことができると聞くと「騙されてるのではないか?」、「訳あり物件ではないのか?」と勘ぐってしまう人も多いはず。怪しくも気になる魅力に溢れた家賃無料のフリーレント物件について確認していきましょう。

家賃が無料ってホント!?

Q

家賃が無料になるなんてことあるんですか?

男性イラスト
住宅イラスト

A

家賃が無料になるフリーレント物件が存在します。一般的に1か月間の家賃が無料になるケースが多いです。今や全国にも増えているフリーレント物件は、ワンルームマンションから一戸建て住宅まで様々なタイプが存在します。物件によって家賃も数万円から数十万円以上と幅があるため、豊富な種類の中から、自分の理想の住宅を見つけることができます。

Q

家賃無料の期間を過ぎたら、別のフリーレント物件に引っ越しても大丈夫??

男性イラスト
住宅イラスト

A

結論を言うとNOです。フリーレント物件の契約期間としては1年~2年が一般的です。もし賃貸契約の期間が過ぎる前に契約解除した場合は、違約金が発生するので十分に注意しましょう。

中野区にあるフリーレント物件の紹介

中野区江古田エリアや、鷺ノ宮などの中野駅から少し離れたような場所であれば、一戸建てのフリーレント物件が多くあります。2016年4月現在、中野区には家賃3万円~25万円のフリーレント物件が存在しており、建築年数も1年未満のものから古いもので築30年以上の物件もあり、自分の希望に適したフリーレント物件を選択することができます。

室内

内装設備に注目

フリーレント物件を選ぶ際は、住宅の内装設備に注目してみましょう。エアコンや、浴室乾燥機、温水洗浄便座、料理男子には嬉しいシステムキッチン等が備え付けられている物件も多くあります。内装設備の準備費用や駐車場の契約費用が必要のない分、浮いたお金を自分自身が楽しむための趣味や自己投資の軍資金として活用するのもいいかもしれません。